夏休みの宿題Part2

このエントリーをはてなブックマークに追加

3人の姪っ子達の夏休みの宿題。
小学1年生の双子の作品も完成しました。


まずは双子その1。

実は1番不安な子。甘え上手で人に頼るのが得意なので、事前にママから
「宿題だから自分で作らないとダメ」と言い聞かされて来ていました。

元々のデザインは、お姉ちゃんのケーキの貯金箱のパクりとしか思えない物を作ろうとしていたんですが。笑

それに対してお姉ちゃんが怒っていたのもあって、どうしようかなぁ?と思っていたら、私の家にあるクレイのお人形を見て「これがパパとママで~」と、新しいアイデアがどんどん湧き出てきました。

夏休みの宿題

今ママのお腹の中に赤ちゃんがいるのもあって、赤ちゃんを連れたパパとママ、それにお家とお庭を作りました。
彼女のこだわりはお家と小道と白い柵。
ただ、そこで集中力が切れたのか、お花はバラを作ろうって提案するも、面倒だったようで・・・
シリコンの型を出すと喜んで型抜きしてお花も飾ってくれました。

貯金箱なので穴もちゃんと開いているんですが、それはパパとママの人形で隠されています。笑

子供の想像した物を形にするためにこちらも必死ですが、
自由な発想がとても楽しい時間でした。

そして双子その2

デザイン画を見て私もしっかりアイデアを練っていた作品です。

お城を作ると言われて、どうやって土台を作ろうか?と悩んだ末に、
棟の部分は紙で出来た筒を切った物にしました。
それぞれのパーツをワイヤーでくくりつけています。

夏休みの宿題 お城の貯金箱

真ん中の窓からお金を入れる、貯金箱らしい貯金箱です。

彼女のこだわりはレンガの壁。

それが・・・真ん中の部分を黙々と頑張って仕上げたんですが、
棟の部分になると嫌になったようで「ここはいいねん」を連発。

最初はレースもお花もつけずに至ってシンプルな仕上がりで
「こんなカワイイの付けたら?」と色々と提案するも却下。

時間を置いてからまた促してみると、嫌々ながらに飾りを追加して、
どうにかこの状態にまで持っていけました(;’∀’)

頑固ちゃんな子なので「こうする」って言いだしたら曲げない。
作品作りにもしっかりと性格が反映されています。
本人は大満足でそれが1番です。

みんな方向性は全然違っていますが、女の子らしい作品になりました。
男の子だったらどんな物を作るのかな?

親は夏休みの宿題でゾっとするらしいのですが、
自分の創造した物を実際に自分の手で作り上げる。
そういう物作りの楽しみを知る良い機会なんですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ハンドメイドブログ クレイフラワーへ 趣味ぶろ 教室ブログランキング趣味ぶろ アート・クラフト教室ブログランキング

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>